ログイン

準備中

アカウント登録

準備中

この記事をクリップ

記事の公開期間が終了した場合は閲覧できないことがございます。あらかじめ、ご了解ください。

はいいいえ

岡田准一、東出昌大が石田家子孫に勝利報告! 観客動員数100万人突破! 「関ヶ原」大ヒット記念イベント

 

「関ヶ原」大ヒット記念イベント

<左から、石田秀雄さん、東出昌大さん、原田眞人監督>

司馬遼太郎原作の人気小説を大スケールで映画化した「関ヶ原」。8月26日に公開を迎えた本作は、公開から二週連続で興行ランキングのトップを快走し、興行収入は12億円を突破。観客動員数も100万人突破と、大ヒットを記録しています。
これを記念し、9月5日に東京・有楽町のTOHOシネマズ 日劇にて、石田三成の末裔である石田秀雄さん(石田三成第15代目子孫)を招いたイベントを実施。石田三成を演じた岡田准一さん、小早川秀秋を演じた東出昌大さん、そして原田眞人監督が登壇し、本作の大勝利を石田家へ直々に報告しました!
イベントでは、大ヒットを受けての反響を中心にトークが展開され、映画の仕上がりに絶賛の言葉を石田さんよりいただくと、岡田さんはホッと胸をなでおろした様子。また、石田家に代々受け継がれる腹痛の体質が判明すると、岡田さんが同じく腹痛を裏テーマとして三成を演じていたと明かす一幕もありました。岡田さん、東出さん、原田監督の好きな三成のエピソードも語られ、それぞれの三成愛が伺える内容に。
本イベントの模様を、詳しくレポートいたします!

 

岡田准一さん(石田三成役)
こうして大ヒット、鬼ヒットということで、この場所に立てることを、すごく嬉しく思っています。広い年齢層の方に観ていただいておりますが、「すごく面白い」という方と、「歴史が分からない」という方に分かれているかと思います(笑)。好きだという方は、何回も観に来ていただいていると伺っていますので、今日面白いと思ってくださった方は、また観ていただければ嬉しいです。

 

東出昌大さん(小早川秀秋役)

先ほど舞台裏で「何かネタないの?」と岡田さんに責められました(笑)。

岡田さん:
せっかく記者の方々に来ていただいていますのでね。何かないんですか? 鬼ヒットだけじゃなくて、何か欲しいじゃないですか!

東出さん:
ないですよ(笑)! でも大ヒットということで、本当に嬉しいです。トークではどんどんエンジンを温めていきますので、よろしくお願いいたします。
原田眞人監督

(客席を見渡し)初日に見た顔ばかり並んでいるような感じで、ほとんどがリピーターじゃないですか? 女性客がこれだけいることが心強いです。これからも、何度も劇場に足を運んでいただき、岡田三成と東出秀秋を楽しんでください(笑)。


MC:公開後、周囲の反応はいかがですか?

岡田さん:
最近、街を歩いていていると、よく「公開おめでとうございます」と言われるんです。これはどういう現象なのでしょうか(笑)。街中の人が関係者なんじゃないかと思うようになりました。熱のある作品だと思うので、「熱を浴びてきました」という感想をたくさんいただくことが、素直に嬉しいですね。

東出さん:
歴史好きの友達が増えまして、そういう友達が何回も観に行ってくれています。そして「映画化してくれてよかった」「この『関ヶ原』でよかった」と言ってもらえています。出演している身としても嬉しいですし、(映画化された結果が)この「関ヶ原」でよかったなと思います。題材が関ヶ原の合戦なので、難しい言葉や登場人物の多さは類を見ないですが、何回観ても面白いので、歴史好きとして嬉しいです。

MC:鬼ヒットの次の野望はいかがですか?

岡田さん:
大人も楽しめる作品を原田監督は作られているので、また原田監督作品に呼ばれたいです。また、鬼ヒットの上に「修羅ヒット」という次元があるので、なんとか修羅ヒットまで行けたらと思っています(笑)。

原田監督:
次の現場では修羅になっていいってこと?

岡田さん:
監督の修羅は勘弁してほしいです(笑)。これ以上、怒鳴られてしまいますと...。監督の修羅も少し見てみたいですが。

東出さん:
「関ヶ原」を多くの方に観ていただいたので、歴史に興味を持った方も増えたのではないかと思います。今後も歴史超大作がたくさん作られて、より一層、歴史に興味を持つ方が増えれば嬉しいです。あわよくば、僕もその端っこにいられればと思います。

原田監督:
アカデミー賞に持っていきたいです。今月、外国語映画部門の選考があるのですが、僕は嫌われていて、選ばれないんです(笑)。「関ヶ原」くらいはなんとか選ばれてほしいです。みなさん応援してください!

MC:本日は石田三成の15代目の子孫にあたる石田秀雄さんにお越しいただきました。

 

 

石田秀雄さん(石田三成第15代目子孫)

36年くらい前、テレビで「関ヶ原」が壮大なドラマとして描かれていたのを観て、いつか映画化されたらと思っていました。将来、私が映画監督になったら撮ってみたいと思っていたのですが、原田監督が見事に映画化されました(笑)。感謝しています。スケールの大きな、大画面から人物が飛び出してくるような描き方をされていて、素晴らしかったです。いろんな小説やドラマで、石田三成と小早川秀秋は同じような描き方をされていたんです。三成は"冷徹な官僚""小役人"、秀秋は"凡庸な裏切り者"というマイナスなイメージで描かれ続けてきました。それが本作で見事に払拭され、三成は人間味を兼ね備えた幅の広い人間、秀秋は利発な武将として描かれていて、安心しました。これを機に、二人の再評価が始まると思います。これからも三成と秀秋をよろしくお願いいたします。そして原田監督、本当にありがとうございました。私もこれで、死んでも死に切れます!

 

 


岡田さん:
三成公に喜んでもらえる人物になればと、墓前にご挨拶をしていたので、とても嬉しいです。世間のイメージが変わればと思い、個人的にはギリギリな三成を演じたつもりです。ずっとお腹が痛い人間らしい三成。天下を動かす一大事に耐えうる人ではない、ギリギリ感を演じたつもりだったので、そこが伝わればと思っていました。

MC:岡田さんと東出さんから、石田さんに質問はありますか?

東出さん:
子々孫々と伝わっている石田家の人物像は?

石田さん:
DNAが非常に濃くて、「自分は正義だ」と、正義感がもろに出ます。その一方で、正義・真理を言ったからといって、みんながついてくるわけじゃないと、三成を反面教師にしているところもあります。あとは、過敏性胃腸症候群が連綿と15代続いています。家では「三成腹」と呼んでいます(笑)。父も息子も私も、何かあるとお腹が痛くなります。それと戦っている日々です。

岡田さん:
噂は本当なんですね。台本には「お腹が痛い」という言葉はなかったのですが、「耐えきれなかった」という表現で書いてあったんです。実は「お腹が痛いんだ...」と心の中で思いながら演じていました。誰も気付かないだろうと思っていましたが(笑)。密かに、「プレッシャーに耐えきれていない三成」を裏テーマにして、演じていました。

石田さん:
それは感じましたよ。

岡田さん:
感じていただけましたか? 島津維新入道と話しているときも、ずっと目をつぶっていますが、あれはお腹が痛いんです。裏テーマで個人的に設定していたことですが(笑)。石田さんに伝わっていて嬉しいです!

MC:岡田さんから質問はありますか?

岡田さん:
何か三成公の物は残っているんですか?

石田さん:
前田家にいただいた刀などがあったのですが、祖父がこっち(東京)に持ってきたときに、八王子の空襲でみんなやられちゃって...。血筋だけは燃えなかったです。

原田監督:
石田さんの家は辰姫(石田三成の三女)の家系なんですか?

石田さん:
辰姫の家系は、三成の次男の重成の系統で、私は三成の長男、重家の血筋です。いろんな意味で、家康公は私の家の人間を生かしてくれています。それは素晴らしいですね。

岡田さん:
家康公の懐の広さですね。

MC:三成のエピソードでお好きなものを教えてください。

岡田さん:
実は撮っていたシーンで、三成が「柿は痰の毒だ」と言う有名なエピソードがあるんです。死ぬ直前に、「柿は毒だから食わない」と言うんです。本編ではカットになりましたが、死ぬ直前も生きようとしていたエピソードですよね。好きなエピソードです。

MC:東出さんは三成の好きなエピソードはありますか?

東出さん:
分かりやすく言うと太閤検地です。国の大きさを測る国家プロジェクトがあって、数学的天才だった三成がとても頑張ったんです。プロジェクトを頑張ったから、「ボーナスをやるから九州に行っていい暮らしをして来い」と上司に言われたのに、「いや、九州に行ったら誰が大阪で仕事するんですか!」と、大阪に残ることを彼は選んだんです。「上司の世話をします」と残った三成は官僚っぽくもありつつ「義」の人だなと思い、とても好きなエピソードです。

岡田さん:
ちなみに15代目は理数系ですか?

石田さん:
私は文系です(笑)。

MC:原田監督の好きなエピソードは?

原田監督:
朝鮮出兵の際の、撤退の船の手配ですね。「ダンケルク」にも劣らない大救出作戦です。300艘近くを手配して、兵を救出したというエピソードが残っています。それはぜひ描きたかったのですが、お金がかかるのであきらめました(笑)。

石田さん:
岡田さんが話された柿の話はよく出てきますが、三成の考えが顕著に出ているエピソードなんですね。「命を粗末にしちゃいけない」「生きて志を達成するまでは生き延びよう」と、刑場に連れていかれても、命を大事にしようとする三成の生存哲学です。みなさんも命を大事にしてください。命がなかったら、目的も志も達成できませんので。

MC:もし関ヶ原で三成が勝っていたら、歴史はどうなっていたと思いますか?

岡田さん:
東出くんの意見、聞きたいな(笑)。

東出さん:
それは家康が討ち死にしたという設定ですか? 毛利家が大きかったですし、宇喜多家という西軍でイケイケの家もありましたし...。上杉家が伊達家を侵略して、また群雄割拠の時代が100年くらい続いたんじゃないかと思います。

岡田さん:
その通りじゃないですか。さすがですね! まあ、でもまた揉めますよね...。家康公だったから、まとまる地盤があったのかなと思います。でもちょっと面白いですね、歴史が変わっていたら...。でも三成は勝ってもトップにはならないと思います。またトップの人に「イライラする」って言いながら、怒っているんじゃないですかね(笑)。

原田監督:
おそらく、日本人の考え方が合理的になっていたでしょうね。三成は理にかなうことを第一にしていたので、家康的な腹芸も日本人からなくなって、鎖国もやらなかったかもしれないですね。そうすると、開国も早かったでしょうし、明治維新の形も違っていたでしょうね。興味深いです。

MC:最後に岡田さんからメッセージをお願いいたします。

岡田さん:
これだけの規模で本格時代劇を作ることは、とても意義のあることだと思っています。こういう作品がどんどん作られるように、たくさんの方に観ていただきたいです。時代劇は日本の文化です。「これが好き」「ここがいい」「こうじゃないか?」といろいろ語れるのが歴史だし、映画もそうだと思います。本作についても、いろいろと語っていただければ嬉しいです。本日はありがとうございました。
 

 

シネマトクラス CinematoClass

人気の記事週間アクセスランキング

1

岡田准一、東出昌大が石田家子孫に勝利報告! 観客動員数100万人突破! 「関ヶ原」大ヒット記念イベント

2

「民生ボーイと狂わせガール」魔性のヒロイン・天海あかりがインスタ開設

3

妻夫木聡が未来のアーティストたちに熱いエール! 「奥田民生になりたいボーイ~」 試写会付公開授業

4

2度目の受賞なるか!? 福山雅治、役所広司、広瀬すず、是枝裕和監督が参加! 「三度目の殺人」ヴェネチア国際映画祭

5

新垣結衣&瑛太W主演「ミックス。」トークイベント&完成披露試写会の参加受付中

Pagetop