本文へスキップします。

映画記事詳細

三部作完結!「ちはやふる -結び-」完成披露試写会イベント

三部作完結!「ちはやふる -結び-」完成披露試写会イベント
〈後列左から 清原果耶さん、優希美青さん、佐野勇斗さん〉
〈中列左から 森永悠希さん、矢本悠馬さん、上白石萌音さん、松岡茉優さん、賀来賢人さん、小泉徳宏監督〉
〈前列左から 新田真剣佑さん、広瀬すずさん、野村周平さん〉
 

競技かるたを題材にした少女コミックでありながら、累計2100万部を超えるベストセラーとなった「ちはやふる」。2016年に実写映画化された二部作(「上の句」「下の句」)は200万人を超える観客動員数を記録し、出演したフレッシュな若手キャストを全国区に押し上げ、青春映画の金字塔として話題になりました。 そして前作公開から二年が経つ3月17日には三作目にして完結編となる「ちはやふる -結び-」が公開します。
この度、映画の完成を記念し、2月20日、TOKYO DOME CITY HALLにて完成披露試写会イベントを実施。
主演の広瀬すずさんをはじめ、野村周平さん、新田真剣佑さん、上白石萌音さん、矢本悠馬さん、森永悠希さん、優希美青さん、佐野勇斗さん、清原果耶さん、松岡茉優さん、賀来賢人さん、そして小泉徳宏監督が舞台挨拶に登壇しました。撮影現場での仲の良さも垣間見え、笑いの絶えないひとときとなりました。
そんな舞台挨拶の様子をレポートいたします。


キャスト・監督陣が会場に登場! 会場は大盛り上がり!

 
 
 
 
広瀬すずさん(綾瀬千早役)
続編の発表から二年、今日の完成披露を迎えることを(二年前は)想像もできなかったので、とても嬉しく思っています。二年ぶりに皆さんにこの場でお会いできることを本当に幸せに思います。ぜひ楽しんで帰ってください。
野村周平さん(真島太一役)
二年ぶりに戻ってこられて本当に嬉しいです。久しぶりにこういう場に立ったので少し緊張しています。みんなで楽しいトークをしますので、ぜひ楽しんでもらえればと思います。
新田真剣佑さん(綿谷新役)
僕のスタートラインとなった「上の句」から「下の句」、そして「-結び-」にわたり、皆さんと一緒にいられることをとても幸せに思っています。ぜひ楽しんでいってください。
上白石萌音さん(大江奏役)
二年の時を経て、同じ道をみんなで歩き、こうして舞台に立っていることを本当に幸せに感じています。今日は楽しい時間にしましょう。
矢本悠馬さん(西田優征役)
(声援に応えながら)28歳になりました! 一生懸命、高校生を演じました。今日は楽しみましょう!      
森永悠希さん(駒野勉役)
ついにこの日が来たと、とても嬉しく思っています。皆さんには公開に先駆けて観てもらうわけですから、ぜひ私たちと作品を盛り上げてもらえればと思います。
優希美青さん(花野菫役)
すごく緊張していますが、大好きな皆さんとこの場に立てて本当に嬉しいです。最後まで楽しんでいってください。
佐野勇斗さん(筑波秋博役)
(観客に向かい)皆さん、盛り上がっていますか!? (観客:イエーイ!)
今日は皆さん楽しんでいってください!                                                                                          
清原果耶さん(我妻伊織役)
皆さんにいち早く本作を観てもらえると思うと、嬉しくて胸がいっぱいです。今日は最後までよろしくお願いします。
松岡茉優さん(若宮詩暢役)
今日はたくさんの方に集まっていただき、とても嬉しいです。二年前のイベントでは、大変な熱気を感じていました。そしてキャストのみんながパワーアップした分、今日はその時よりもさらに強い熱気を感じています。これから公開までお祭り状態ですね。この熱気をそのままに、作品を応援してください。私たちも皆さんのパワーをもらいながら頑張りたいと思います。
賀来賢人さん(周防久志役)
私は本作からの参加ですが、素晴らしい映画に参加できたと心から思います。ぜひ最後まで楽しんでいってください。
小泉徳宏監督
「下の句」の初日舞台挨拶で、広瀬すずが続編決定に驚き、大号泣するという事件から二年を経て、今日にいたります。大変長らくお待たせいたしました。本日、世界で初めて作品を観てもらえるということで、反応が楽しみです。 このメンバーで一生懸命作ったので、ぜひ楽しんで帰ってください。


MC:まず本作から参加の新入生トリオ、優希さん、佐野さん、清原さんにお聞きします。「上の句」「下の句」から続くメンバーの輪の中に入っていくことになりましたが、撮影現場の雰囲気はどうでしたか?

佐野さん:
えっと...。

松岡さん:
先輩がリードして差し上げたら(笑)?

野村さん:
どうだったの?

佐野さん:
とにかく楽しかったですね。どう言ったらいいんでしょう...(笑)。

野村さん:
やもっちゃん、どう?

矢本さん:
えっ、俺? 

松岡さん:
何か後輩に聞いてみたいことはないの?

矢本さん:
初対面の俺、どんな感じやった?

佐野さん:
なんか、かわいかったですね...。すごくかわいかった(笑)。 (観客:笑)

矢本さん:
いくつ年上やと思ってんねん(笑)。

佐野さん:
「ぶたまんくん」ですよね(笑)。かわいいなぁと思いました。

MC:優希さん、清原さんも新入生トリオのお一人ですが、撮影現場はどうでしたか?

優希さん:
すごく楽しかったです。先輩方は皆さん個性的でユニークで、面白かったです。でもしっかり引っ張ってくれる頼りがいのある先輩方でした。

清原さん:
皆さん本当に優しく、たくさん話しかけてくださいました。かるたの練習もいっぱいしたのですが、いい思い出ですね。(上白石さんに向かって)ね?

MC:撮影でも上白石さんは後輩たちを引っ張るような先輩だったのでしょうか?

清原さん:
萌音ちゃんは本当に優しかったです。私は役名が我妻伊織だったのですが、いつも「イオ~、イオ~」と可愛がってくださって...。ほかの皆さんもそうだったのですが、本当に毎日ありがたかったです。

上白石さん:
みんな果耶ちゃんにメロメロでした(笑)。

矢本さん:
はい、本当に果耶は天使でした(笑)。最高です。 (観客:笑)

MC:仲のいいかるた部とは反対に、松岡さんと賀来さんは孤高の存在でした。演じるにあたって大変だったことや気を付けたことはありますか? 

松岡さん:
今が大変ですね。今こうして皆さんとお会いするときに、詩暢ちゃんでいいのか、普段の私でいいのか分からなくなります。(元気に)「本当に今日は嬉しいんです!」という感じでここに立ちたかったのですが、(観客に向かって)やっぱり、詩暢ちゃんでいてほしいでしょう? (観客:歓声)
賀来さんもそうでしょう?

賀来さん:
僕も本当は「(陽気な感じで)かっくんです!」と言いたかったのですが...(笑)。 (観客:笑)

松岡さん:
ビシッとした方がいいのか、いつもの通りでいた方がいいのか、撮影中に分からなくなったのが、この役の難しいところでしたね。楽しくいっぱいおしゃべりしたいけれど、「今日は詩暢ちゃんにならないといけない...」と思い、大人しくするのが初めての経験でしたね。

MC:役と本来の松岡さんにギャップが...。

松岡さん:
ありすぎるんです! (観客:笑)

MC:野村さんと新田さんにお伺いいたします。実際に千早のように、何かに一途になっている女の子を振り向かせるためにどんな行動をとりますか? 広瀬さんにジャッジしてもらいます。

新田さん:
僕は何かに向かって頑張っている女の子なら、それが達成されるまで応援してあげたいです。それが終わるまでは他のことに集中できないと思うので...。(広瀬さんに向かって)待つよ? (観客:大歓声)

MC:野村さんならどうしますか?

野村さん:
俺は今すぐにでも振り向いてほしいから...。(新田さんとヒソヒソ話す広瀬さんの肩をつかみ振り向かせ)何やってんだよ。他の男としゃべってんじゃねーよ。 (観客:大歓声)

広瀬さん:
「やってやったぜ」という顔をしないでください(笑)。

MC:新田さんは「待つ」で、野村さんは...。

野村さん:
「強引に行く」です(笑)。一緒に頑張ってアプローチをするということですね。

MC:広瀬さんとしてでも千早としてでもいいですが、どちらの方が魅力的だと思いますか?

広瀬さん:
待ってほしいです。 (観客:歓声)

新田さん:
(広瀬さんに向かって)待ちます。 (観客:歓声)

野村さん:
なんだよ、イケメン好きなの? (観客:爆笑)

広瀬さん:
でもやりたいことに集中しているところですからね。待ってほしいですよね。

MC:ではほかの女性陣にも聞いてみましょうか。新田さんの「待つよ」の方がいいと思う方? 

広瀬さん、上白石さん、清原さんが挙手。

MC:野村さんの強引な方がいいと思う方?

松岡さん、優希さんが挙手。

野村さん:
ありがとう茉優ちゃん!

松岡さん:
でも重要なのは「野村さんが、いい」じゃなくて、「一緒に頑張る方がいい」ですからね! (観客:大爆笑)

野村さん:
分かる、分かるよ...。「強引な真剣佑の方がいい」というわけね。すごくよく分かるよ(笑)。

MC:では、「強引な真剣佑」というのは? (観客:歓声)

新田さんの実演のために、コソコソ話を始める広瀬さんと野村さん。広瀬さんを引き寄せ、野村さんから遠ざける新田さんに観客は絶叫!

新田さん:
千早! 千早は僕が守る!

野村さん:
何で俺が悪者になっているのよ(笑)。一応、俺も主役の一人だぞ! (観客:笑)

MC: お二人とも素敵でしたよね?(会場拍手)楽しい時間は早いもので、あっというまに過ぎてしまいますね。それでは広瀬さん、これから映画をご覧になる皆さんにメッセージをお願いします。

広瀬さん:
こんな感じでよかったのでしょうか(笑)? でも、この私たちでしか生み出せなかったものが絶対にあると思っています。それを一番大切にして、三年間のすべてをかけたつもりです。そんな中で生まれた「ちはやふる」という映画ですが、映画の中で描かれる登場人物みんなの想いを受け取ってもらえたら嬉しいです。自信を持って皆様にお届けできる映画になったと思いますので、ぜひ楽しんで観てください!

CinematoClass