ログイン

準備中

アカウント登録

準備中

この記事をクリップ

記事の公開期間が終了した場合は閲覧できないことがございます。あらかじめ、ご了解ください。

はいいいえ

中島健人、平祐奈、知念侑李のサプライズ登場にJK大興奮!! 「未成年だけどコドモじゃない」公開直前イベント

「今日、恋をはじめます」など数々の大ヒット少女漫画を生み出してきた水波風南の大ヒットコミックを、人気キャスト陣で映画化した「未成年だけどコドモじゃない」。
公開を間近に控え、12月11日に東京・品川エトワール女子高等学校で公開直前イベントを行いました。
イベントには、主演の中島健人さんをはじめ、平祐奈さん、知念侑李さんが参加。この日のイベントについて知らされていなかった高校二年生およそ200名は、中島さん、平さん、知念さんが体育館にサプライズ登場すると大興奮! この日のイベントでは、ヒロインをめぐって、二人の男性が恋愛バトルを繰り広げる本作の内容にちなみ、中島さんと知念さんが「三番勝負」を敢行。生徒たちを巻き込んで、男同士の白熱した勝負を繰り広げました。中島さん、平さん、知念さんが女子校でイベントをするのは初とのことで、終始、歓声は鳴り止まず、大盛り上がりのイベントとなりました。
興奮のイベントの模様をレポートします。
中島健人さん(Sexy Zone/鶴木尚役)
JKのみんな、鶴木尚を演じた中島健人です。(会場の大歓声に)すごいですね。こんなに華々しい場所は初めてです。今日は皆さんと「未成年だけどコドモじゃない」の...(歓声が止まず)JKのみんな、聞いている(笑)? とにかく楽しんでいきましょう!
平祐奈さん(折山香琳役)
(歓声に)すごい...。なんか圧倒されちゃいますね。今日はサプライズで来ることができて嬉しいです!       
知念侑李さん(Hey! Say! JUMP/海老名五十鈴役)
JKの皆さん、こんにちは! (観客:こんにちは!)
良かった。僕たちのことを知っている反応ですね。サプライズ登場だから、知らなかったらどうしようかと思っていました。ステキな恋をしてください!


MC:あらためて、この作品がどんな作品か教えてください。

中島さん:
高校生同士の秘密の結婚から始まるラブコメディーになっているのですが、高校三年生と高校一年生が結婚するお話なので、ここにいるJKのみんなにとっても身近な話だと感じられる作品だと思います。

MC:会場の皆さんは二年生です。平さんの役とは同世代になりますよね?

平さん:
そうです。(自身が演じる)香琳は尚先輩に片思いをしているのに、尚先輩は振り向いてくれないんです。一方で、幼なじみのリンリン(知念さんが演じる海老名五十鈴)が、思いを寄せてくれるんです。(会場からのリンリンコールに思わず笑顔になり)最上級のラブコメディーになっています!

MC:知念さんは、結婚してしまった幼なじみに思いを寄せていて、花嫁になった香琳を奪いに行く役柄でした。改めて、五十鈴役はいかがでしたか?

知念さん:
かなり男らしく香琳にアプローチしています。男らしい知念を見ていただけると思いますし、今回は尚とライバルなので、バチバチしましたよ。

中島さん:
そうだね。ねんちー(知念さん)には負けませんよ。でもいつものメールではラブラブなんですけれどね(笑)。

MC:役の上では二人が対峙(たいじ)するシーンがあって、とてもカッコいいです。ぜひ映画が公開したら劇場で確かめてくださいね。

平さん:
観てね!

ここから中島さんVS知念さんの三番勝負を実施。

MC:男性二人が自分を奪い合うというのは、女性としては理想的なシチュエーションだと思います。中島さんと知念さん、普段はラブラブだと思いますが、この場では、劇中と同じような、男同士のバトルを繰り広げていただきたいなと思います。

知念さん:
もう殴り合いでもなんでもしてやりますよ(笑)。

MC:題して「お前にふさわしいのはこの俺だ。みせコドの究極の三角関係、運命の三本勝負」です!

中島さん:
さっきまでの華々しい空気はこれで終わりですよ。勝負を始めましょう!

知念さん:
負けるわけがないですよ。僕の方が男ですから!

中島さん:
僕の方が男ですよ! 今日は絶対に負けられないですね。こんなにかわいいJKがたくさんいるんですから(笑)。

MC: 一番目の勝負は「クリスマスを最高に彩れるのは俺だ! ツリー装飾対決」です。(ステージにツリーが登場)
間もなくクリスマスなので、「女子に最高の日を過ごさせてあげたい」、ということで、中島さん、知念さんには、まだ装飾のついていないツリーに装飾をしていただきます。よりステキにツリーを装飾できた方が勝ちなのですが、ジャッジは平さんにお願いします。


知念さん:
(飾り付けが)いっぱいありますね。ヤバいな、センスが問われる!

中島さん:
ねんちー、いっぱいあるよ。(と言いながら、猫耳を取り出し、知念に付けてあげる中島さん)
ツリーの前に、ねんちーに装飾しちゃった。ごめんごめん。 (観客:かわいい~)

知念さん:
なんだ、健人の勝ちか(笑)?

中島さん:
(笑いながら)いやいや、勝負はここからだから! (猫耳姿の知念を見ながらしみじみと)ねんちー、似合うわ。かわいい~

平さん:
(中島さんと知念さんに)制限時間は一分半だって。短いよ!

MC:それではいきますよ。よーい、スタート!

平さん:
がんばれー!

ツリーに装飾を施す二人

MC:お二人ともオーナメントではなく、巻物系からいくんですね。平さん、お二人のセンスはどうでしょう?

平さん:
(ツリーを見ながら)知念さんのツリーが斬新ですね。マフラーを巻くというのはかわいいです。

MC:(一分半が経過し)それでは時間です。終了! それではお一人ずつこだわりのポイントを聞いていきましょう。まずは中島さんからお願いします。

中島さん:
色鮮やかにしたかったというのと、(最初についていたオーナメントの)カラーが青ですごくきれいだなと思ったので、これには赤とゴールド装飾が似合うなと思ってつけさせてもらいました。それから球体の装飾を付けたんですが、これが男女をイメージしています。そしてその真ん中にハートがあって、その上に星があるというデザインです。ステキなクリスマスを表現しました。

MC:コンセプトがあったんですね。ステキです! (観客:ステキ!)

中島さん:
ありがとうね。あとで勉強を教えてあげる(笑)。 (観客:大歓声)

知念さん:
けんてぃーガールズがいっぱいいるなぁ(笑)。

MC: 中島さん、最後はご自身にも装飾をされたんですね。

中島さん:
(青のモールを肩にかけ)最後の装飾は僕もちゃんとやった方がいいかなと思い、僕もツリーになりました。

MC:一方の知念さんはどこがポイントでしょうか?

知念さん:
マフラーですかね。(ツリーが)女性だと思って飾り付けました。寒そうだったので、マフラーを巻いてあげました。でも冬にデートをしている感じを出したく、雪が積もっているのを装飾で表現し、あと現実を忘れてほしくないので、下の方にたわしを吊るしました(笑)。

平さん:
たわし? クリスマスじゃない(笑)。

MC: ご自身も耳に装飾をつけていますね。

知念さん:
そうですね。これも含めて採点をしていただければと思います!

MC: では平さん、ジャッジをお願いします。

平さん:
ちょっと難しいですね。どちらも個性が出ていて好きなんですが...。私はここの女子代表として選ぶんですよね。じゃ、みんなの気持ちになって選びます! ドゥルルルル...ジャーン、(中島さんのツリーを指し)こっち!

MC: 勝者は中島さんです!

平さん:
ごめんね、知念さん...。

知念さん:
ちょっと祐奈ちゃんには合わなかったかな...。

平さん:
でもたわしは好きです。好きなんだけれど、でもここにいる女子を代表するならハートがいいのかなと思っちゃいました。

知念さん:
ちゃんとコンセプトを決めてやったんですけれどね...。やっぱり女子はハートですね。

平さん:
(知念さんのツリーを指しながら)でも私が家にツリーを飾るならこっちがいい!

知念さん:
じゃあ、僕を選んでくださいよ(笑)!

MC:続いて二回戦は「女子高生の言葉はお手の物! キーワード対決」です。ツリーが片付けられて、代わりにボックスがやってきましたが、このボックスの中には女子高生の間で流行している言葉が入っています。しかし今、流行っている言葉だけでなくて、ちょっと前に流行った言葉も入っております。お二人にはこのボックスの中からキーワードを引いていただいて、紙を見て、意味がちゃんと分かった上で、なおかつ「みせコド」に引っかけた言葉を入れ込んだ文章を考えてください。平さんにはどんなワードが出るのか、事前にお知らせしておきますね。

平さん:
(ワードが書かれた紙を見ながら)ええ! 分かるのは二つだけ。あ、違った、九個あるうちの四つが分かりました。

知念さん:
数年前まで女子高生だったんでしょ?

平さん:
今年の三月まで女子高生でした。今は大学一年生です。

知念さん:
僕たちは七つ上ですから、理解できるか分からないですね。

MC: 平さんに、お二人が考えた文章をジャッジしていただきますのでお願いします。では中島さんから引いていただきましょう。

中島さん:
(ボックスから1枚の紙を引いて)「てへぺろ」。

MC: では中島さん、文章を「みせコド」も入れていただいて、文章を作ってください。

中島さん:
難しいですね...。(少し考えてから)オッケーです。映画「未成年だけどコドモじゃない」、華々しいラブコメディーで、香琳のかわいいところや、尚先輩のカッコいいところ、リンリンのステキで男らしいところが全部入っている映画です。そういう映画を観た女の子はみんな、"てへぺろ"という感じなのかな。 (観客:大歓声)

MC:かなり照れていらっしゃいますね(笑)。

中島さん:
僕はなかなか照れない性格なんですが、一年に一回、照れる日があるんです。たぶんそれが今日です。(会場からは大歓声)

知念さん:
そんな特別な日に、僕は一緒にいることができたんですね。僕は幸せ者だ。でも、これは難しいね...。

MC: 平さんは知っていました?

平さん:
はい、知っています。

MC: 平さんにジャッジしていただきたいんですが、今の文章、正解ですか?

平さん:
正解です!

中島さん:
え、正解なの? 本当に?

平さん:
(会場に)正解ですよね、皆さん。(観客からは「正解!」「かわいいから大丈夫!」といった声が飛び交う)

中島さん:
かわいいから大丈夫? お前の方がかわいいよ。(観客:大絶叫)

MC:来ましたねぇ。では知念さん、ここからいきますよ。

知念さん:
(一回戦で)負けていますからね。本当に分かるワードを引かないと...。「テンアゲ」です!

平さん:
そっちの方が難しい!

MC:これは女子高生の方は分かっているんですか? (会場の様子を見て)あぁ、分かっている人も多いみたいですね。では「みせコド」も入れていただいて文を作ってください。

知念さん:
僕は海老名五十鈴という役です。いつもと違って、クールで男らしい性格のキャラクターを演じたんですが、一応、中島健人が主演ということで、今日のこの場は、このゲームも含めて、点数をあげるという意味でも、テンアゲですね。 (観客:歓声)

平さん:
(考えている様子で)本当にジャッジが難しい...。私はその解答は好きだけれど、資料に書いている説明を見たら合っていない...。不正解ですね。「テンアゲ」とは、たぶん今の皆さんの様子のことです。(会場の皆さんは「イエー!」などなど、テンションがどんどんと上がっていく)

平さん:
すごく、テンションがアゲアゲ(と解説)。

知念さん:
そうか、分かった! (会場に)テンションをアゲアゲみたいなこと?(会場から「イエー!」)

知念さん:
なるほどね。使う?

中島さん:
なるほどね。使う子は使うんだね。授業中とかに(IKKOさんの口調で)「テンアゲ~!」とかいうのかな。先生方も喜んでくれるかもしれませんよ。

MC:IKKOさんが少し入っていたかもしれませんが(笑)。ではもう一度やってみましょう。

中島さん:
テンアゲで頑張ります。(紙を引いて)「LJK」...。(険しい顔になって)まったく分からない。俺、今「テンサゲ」なんですけれど(苦笑)。

MC:早速ですが、文章を考えていただいて、発表していただいてよろしいでしょうか?

中島さん:
LJK、LJK...。間取りかな? 3LJKとかないかな(笑)。

知念さん:
それはLDKだね。ギリギリないです(笑)。

中島さん:
ではいきます。やっぱり「みせコド」ってラブコメディーだし、恋をしたくなる作品だと思うけど、今ってみんな恋をしたい時期だと思うのね。その状況ってLJK。つまりラブリーJK。 (観客:歓声)

平さん:
うまいですね。でも不正解です! これは本当は高校三年生のことです。「ラストJK」。私も言っていました。「(多少もたついた感じで)LJKだから頑張らないと!」って言っていました。

知念さん:
今ちゃんと言えていなかったでしょ。今、絶対に頑張って「流行り言葉を使おう」ってなっていたでしょ(笑)。

平さん:
ちゃんと言っていましたよ(笑)。

MC:勉強になりましたね。では知念さん、お願いします!

知念さん:
本当に難しいですよね。(紙をひいて)「いちきた」。「しもきた」とか「いちはら」とか地名でありますけどね(笑)。これをどう話にからめるかですよね。うーん、「いちきた」...。(あらためて)「みせコド」は12月23日に公開になるんですが、やはり皆さんは学生さんということで、制服のままでウロウロするのは危ないと思うんですよね。だから「いちきた」して、一度私服に着替えてから映画館に行ってくれたらなと思います。

平さん:
すごい! 大正解!

知念さん:
「一時帰宅」、どうですか!

平さん:
すごい。私も分からなかったのに! (会場から「さすがJK!」と称賛の言葉が)

知念さん:
一回もJKだったことはないけれどね(笑)。

MC:次が最後の勝負になります。題して「運命の人を探せ、たった一人を言い当てろ」対決! こちらは生徒の皆さんにも参加していただきます。中島さんと知念さんには、この会場でたった一人に該当するようなことを言い当てていただきます。生徒の皆さんは「私に当てはまっているな」と思ったら立ってください。では、一度練習しましょうか。今日、朝ごはんがパンだった人?

知念さん:
(該当する人が立った会場を見渡して)七割くらいかな。

中島さん:
けっこうパンなんだね。

MC:これはみんなに当てはまるような質問はダメですし、ゼロになってしまう質問もダメです。ちょうどいいところを狙ってください。ではこれが最後の対決になりますが、気合はいかがですか?

中島さん:
今日は運命の人を迎えに来たんで、気合が入っています。(観客:歓声)

知念さん:
きっとこの中に運命の人がいると信じています。(会場から「ありがとう!」の声が)
(その声の主に)キミかもしれない! キミを狙っていきます。そこのグレーのセーターの子!

MC:会場の皆さんには正直にお答えいただきたいですね。ではまず知念さんからいきましょう。

知念さん:
一人を狙いたいですよね。会場には200人くらいいるんですか? 200人いるなら、一人くらいはマッチするんじゃないかな...。決めました。「みせコド」が23日に公開されるということで、12月23日が誕生日の人!

中島さん:
これいい質問だね。

MC:では12月23日がお誕生日の方、お立ちください! (誰も立たないため)ゼロです!

知念さん:
(驚いた様子で)いないんだ! 嘘をついてもいいんだって(笑)。そうか...。ごめんね、これで(中島さんが)急に何を言っても勝ちになっちゃったね...。

中島さん:
でも僕は一人を狙っているから。その一人を見つけにきたんだから。(会場から「フー!」と大歓声)
JKの皆さん、ガチで恥ずかしい質問をするから、ちょっと目を閉じて。(会場は「えー!」「なになに?」「えー、こわーい」などなど興味津々の様子)
先生方も目を閉じてください。ここはかなり大事なところなんで。ではいきます。今日の朝、未成年だけど、運命の人、または恋人と一緒に登校してきた人! 大丈夫、先生は見ていないからね!

MC:(立ち上がった生徒を見て)これはお二人かな...。お二人ということで、中島さんの勝ちです!

中島さん:
サンキュー! 皆さん、今日の朝もきっと幸せだったと思う。本当にこれからも幸せな時間を二人で過ごしてください。

MC:この結果を受けて、今回の勝負は中島さんの勝ちとなりました! かなり白熱した対決でした。平さん、中島さんが勝ちましたが、この結果は予想していましたか?

平さん:
すごいです。さすが女の子の気持ちを掴みましたね。やりますわ、ゴッド。

中島さん:
今の気持ち的にはSTYですね。セクシーサンキュー!(観客:歓声)

MC:セクシーサンキューいただきました! 一方、破れた知念さん、一言よろしいでしょうか?

知念さん:
そうですね。今の気持ちはSTJ=セクシージャンプ。ってよく分からないですね。それくらい今、落ち込んでいます。
本当に僕、女心が分かんないんだなと思いました。これから勉強していきますので、次に来た時は勝ちます。次に来るのを待っていてください!

中島さん:
また来よう!

MC:では最後にメッセージをお願いします。

中島さん:
この「未成年だけどコドモじゃない」は、ここにいる女子高生みんなが楽しめるような作品になっています。「運命の人って現れるのかな?」という気持ちって誰しも持っていると思いますが、そういう気持ちが少しでも分かるような映画にもなっています。とにかく思いっきり泣けて、思いっきり笑える、ステキなラブコメディーになっているので、ぜひともここにいるJKの皆さんにも観てもらいたいです!

平さん:
私は小学校が女子校だったんですよ。だからこういう風に来られて嬉しかったです。みんなにひとつだけお願いがあって、「#みせコド」というのをツイッターやインスタグラムで広めてください。「みせコド」が公開したら絶対に観に行ってね! あと、(指でCの形を作り)このポーズを「みせコド」ポーズにします。これ、オッケーじゃなくてチャイルドのCだからね。これを使って写真とかをあげてください。お願いします。

知念さん:
今日は僕の運命の人は見つからなかったんですが、皆さんはきっと運命の人を見つけることができると思います。「みせコド」を観て、「恋っていいな、結婚ってステキだな」と思っていただき、運命の方を見つけていただけたら嬉しいです。

シネマトクラス CinematoClass

人気の記事週間アクセスランキング

1

心理テストは意外な結果に?!「嘘を愛する女」女性限定試写会レポート

2

“愛するもの”を披露して本音がチラリ?!「嘘を愛する女」初日舞台挨拶

3

「新参者」の"聖地"日本橋に凱旋! 『祈りの幕が下りる時』完成記念レッドカーペットイベント

4

完成報告&ヒット祈願!日中共同製作・映画「空海」ジャパンプレミア実施

5

サプライズに涙!「みせコド」大ヒット御礼舞台挨拶

Pagetop