ログイン

準備中

アカウント登録

準備中

この記事をクリップ

記事の公開期間が終了した場合は閲覧できないことがございます。あらかじめ、ご了解ください。

はいいいえ

佐藤健、綾野剛の直接対決に観客大興奮! 「亜人」 公開直前イベント

 

「亜人」公開直前イベント

<左から、佐藤健さん、綾野剛さん>

絶対に死なない新人類"亜人"同士の戦いを描いた桜井画門による人気漫画「亜人」を、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督と「るろうに剣心」を手掛けたアクションチームがタッグを組み実写映画化した、新感覚アクションエンターテインメント大作「亜人」。
9月30日の全国公開を前に、9月21日、東京・めぐろパーシモンホールにて公開直前イベントを行いました。
イベントには、佐藤健さんと綾野剛さんが登壇。本作の大きな見どころであるアクションについて、撮影の裏話を織り交ぜながらトークを繰り広げました。また、来場した観客も参加するゲームを実施。綾野さんの天然な部分が垣間見えるなど、大盛り上がりとなりました。
本イベントの様子を詳しくレポートします!

 

大きな声援を受けながら佐藤さん、綾野さんが登場!
 

 

 

佐藤健さん(永井圭役)

今日はご来場ありがとうございます! 楽しんでいってください。    
綾野剛さん(佐藤役)

短い時間ですが、今日はよろしくお願いいたします。          


MC:お二人は「るろうに剣心」以来の共演ですが、(「るろうに剣心」の時と)アクション等違いはありましたか?

佐藤さん:
「るろうに剣心」の時は、とにかく動くアクションで、相手と呼吸も合わせないといけないので肉体的にすごく疲れました。今回はそういった面もありながら、(頭脳戦の要素もあるので)脳みそを振り絞り、アイディアを出し合いながら、アクションを作っていったという感じです。

綾野さん:
今回、僕は(佐藤さん演じる永井を)ひたすら追う側だったのですが、彼はいろいろな作戦を立てて僕をだまし、どんでん返しがいくつも起こります。よく「観たことのないアクション」という言葉が、映画の宣伝文句になるじゃないですか。「観たことのないアクション映画ができました!」って。(首を振りながら不敵な笑みを浮かべる)
本作は本当に「観たことのないアクション」だと思います! ただの肉弾戦だけでなく、頭脳バトルの要素もあるので、そこも楽しんでもらえると嬉しいです。

MC:役作りやアクションについて、お二人で意見交換などもされたのでしょうか?

佐藤さん:
アクションというものは台本に書けないものなんです。撮影場所の細かい所まで考えて書かれているわけではないですから、現場でゼロから作っていくしかないんです。監督、スタッフ、そして役者の僕たちで話し合いながら、ゼロから作っていきました。

MC:お互いの演技に対して、驚きなどはありましたか?

綾野さん:
僕には、永井圭との対戦と、SAT(特殊急襲部隊)との対戦の二つの大きな見せ場があります。(佐藤さん演じる)永井圭との対戦は、彼の作戦に対応して僕が追い詰めるという構図だったので、まずは永井がどういう作戦を立てているのか、一から話し合いました。SATとの対戦は、圧倒的な佐藤の力を見せつけるというシーンだったので、そっちは肉弾戦です。台本には「佐藤がSATと戦う」と一行書かれたものを、三日間かけて撮影しました。そこも見どころになっています。

MC:今回、佐藤さんを追い詰める綾野さんの役名が「佐藤」ということで、話題になっていますが現場などでは混乱されませんでしたか?

佐藤さん:
28年間、佐藤として生きている僕にとってはよくあることなんです(笑)。学校のクラスに二、三人は佐藤がいましたし、どこの現場に行っても佐藤というスタッフさんがいるので、混乱はなかったです。
 

綾野さん:
取材のときに「佐藤さんは...」と言われると、「え、どっち?」となることはありました。僕は苗字が誰かとかぶることは少ないですが、「あやのちゃん」という女性の名前と被ることはあります。

佐藤さん:
確かに「あやのちゃん」という名前の女性と結婚したら、「綾野あやの」になっちゃうね(笑)。会場に「あやの」って名前の方、いらっしゃいますか?

(会場:一名手が挙がる)

綾野さん:
僕と結婚したら「綾野あやの」だよ! (会場:笑)

MC:本作ではアクションだけでなく心理戦も見どころになっています。本日はお二人にゲーム対決をしていただきたいと思います。

第一ゲーム:「マジョリティ」VS「マイノリティ」
本作は、多数派の人類(マジョリティ)と少数派の亜人(マイノリティ)が衝突するストーリー。会場のお客様には配られた二色のボードを使い二択の質問に答えてもらい、佐藤さん、綾野さんにはどちらが少数派(マイノリティ)かを当ててもらうゲーム。

Q1:あなたは人生をリセットした派? それとも、今の人生のままがいい派?

佐藤さん:
「人生をリセットしたい」を選んだ人の人生相談をすればいいんですか? (会場:笑)

綾野さん:
会場には学生さんが多いように見えますね。まだ若いので「人生をリセットしたい」を選ぶ人は少ないんじゃないかと思います。

佐藤さん:
僕もそう思います。

観客の回答発表!

佐藤さん:
分かりずらい! 野鳥の会の人を呼ばないといけないですね(笑)。

綾野さん:
ちょっと引いて見てみようか。
 

綾野さん:
これは「今の人生のままがいい派」がちょっと多いですね。

佐藤さん:
意外ときっこうしましたね。こんなに人生に絶望している人がいるとは思っていなかったです。

(会場の一方向を差し)そこら辺の人多かったけど大丈夫? (会場:笑)

MC:お二人がこの質問に答えるとしたらどちらですか?

綾野さん:
もうちょっと今の人生を生きてもいいかなと思います。あと五年くらいしたらリセットしたいですね(笑)。

佐藤さん:
僕も「今の人生のままがいい派」ですね。

綾野さん:
(10代に生まれ変わって)学園モノの作品で一度演じてみたいんですよね。

佐藤さん:
まだいけるんじゃない?

綾野さん:
いや、無理でしょ!

MC:では人生をリセットしたら、どんな人生を歩みたいですか?

綾野さん:
先ほども言いましたが、僕はやっぱり、学園モノの群像劇で一度演じてみたいですね。タケちゃん(佐藤さん)出演したことある?

佐藤さん:
ありますけれど、そんなに多くはないです。でも一回もないのはかわいそうですね(笑)。僕はせっかくリセットするなら、(役者でなく)違うことをやってみたいですね。

MC:例えば何でしょうか?

佐藤さん:
MCですかね~。素敵なお仕事だと思いますよ! (会場:笑)


Q2:あなたは体を動かす「アウトドア派」ですか? それとも頭脳を使う「インドア派」ですか?

佐藤さん:
今日は女性が多いので、インドア派が多そうですね。

綾野さん:
僕も一緒です。今、外に出なくても家の中でできることは多いですからね。

観客の回答発表!

綾野さん:
また割れましたね。また引いて見ましょうか(笑)。

佐藤さん:
ちょっとインドア派が多い気がします。意外とアウトドア派もいるんですね。

MC:お二人は最近アウトドアなことをされましたか?

綾野さん:
つい最近、一緒に飲みましたね。

佐藤さん:
それはアウトドアなのかな(笑)。海とか山とかで飲むならアウトドアだけど...。

MC:ビアガーデンはインドアですよね。

佐藤さん:
ビアガーデンはアウトドアですよ! 

綾野さん:
あれ揉めます? (会場:笑)


第二ゲーム:リセット復活ゲーム
劇中で何度も復活する亜人にちなみ、佐藤さん、綾野さんの顔写真の一部がプリントされたボックスを上手く積み、顔を完成させるゲーム。先に完成させると勝利!
 

 

MC:会場の皆さんに、どちらが勝つか聞いてみましょう。佐藤さんが少し多いように見えますね。

佐藤さん:
正しい選択ですね。僕、こういうゲーム強いですから。

綾野さん:
僕は弱いです(笑)。

MC:それでは意気込みをお願いします。

佐藤さん:
目にも止まらぬ速さで完成させます!

綾野さん:
頑張ります!

ゲームスタート!
 

序盤は綾野さん優勢
 

それを見て邪魔を始める佐藤さん
 

佐藤さんが綾野さんのボックスを入れ替えるイタズラ。それに気付かない綾野さんは、「タケちゃん良いのかい? 僕はもう終わりだよ」と余裕のセリフで最後のボックスを置くも完成せず。
 

 

その隙に佐藤さんが完成。見事、逆転勝利!
 

綾野さん:
(イタズラされていたことに)全然気付かなかった!

佐藤さん:
一生作れないかと思いましたが...(笑)。完成してよかったです。

綾野さん:
こんな場で、まさか自分の天然っぷりを発揮するとは思っていなかったです。

いつの間に(ボックスを)反転させていたの? みんな知っていた?

会場:
知ってた!

綾野さん:
そうか...。そういうもんだよね。

佐藤さん:
そういう映画だよ。

綾野さん:
今みたいなアクションが繰り広げられます。

佐藤さん:
あながち嘘ではないですね(笑)。

MC:最後にメッセージをお願いします。

綾野さん:
佐藤健という役者と共に頑張りました。MX4DやIMAXで上映できる、日本のアクション映画はなかなか出てこないと思います。次は劇場で会いましょう!

佐藤さん:
皆さんの応援のおかげで、なんとかパネルを作れました(笑)。この後作品をご覧になると思いますが、もし観てよかったら、周りの方に薦めてほしいです。僕たちも公開に向けて、たくさんの方に観てもらえるよう頑張ります。力を貸してもらえると嬉しいです。映画を存分に楽しんでください! 今日はありがとうございました!
 

 

シネマトクラス CinematoClass

人気の記事週間アクセスランキング

1

ガッキー、衝撃の“ガングロギャル姿” 映画『ミックス。』で七変化

2

松本潤、有村架純、坂口健太郎 "一生に一度の恋"に興奮&感動! 「ナラタージュ」 スペシャル試写会

3

松本潤、有村架純ら "壊れるくらい忘れられない人"を語る 「ナラタージュ」初日舞台挨拶

4

二宮和也×滝田監督最新作の完成に4000人の観客が熱狂! 「ラストレシピ」 完成報告会見&完成披露舞台挨拶

5

新垣結衣、瑛太の生スマッシュに1,000名が大興奮! 「ミックス。」 レッドカーペット&完成披露試写会舞台挨拶

Pagetop